2018.07.19

最低時給賃金$13,25に。ロサンゼルス市内

2年後をめどに、時給$15までの値上げを目標としているカリフォルニア州。7月1日に、ロサンゼルス市内の最低時給賃金が値上げされました。ロサンゼルス、サンタモニカ、パサデナなど主要市街地で26名以上の従業員を抱える企業は、時給$13.25、26名以下の場合は時給$12となります。

エコノミストは景気回復の波をうけ、各企業が目標額を超える成果を上げており、時給アップは良いタイミングで行われているとしつつも、値上げをしても夜間倉庫業務や貨物運転業務など中々人手が集まらない業種もあり、ただ値上げをするだけではなく、人手不足解消に値する、「魅力的な」賃金増価に焦点を当てていくことが今後の課題とされています。