2017/03/07

2017年4月3日から、H-1Bビザ申請に対する特急審査サービスが一時中断へ

米国移民局は、2017年4月3日から全てのH-1Bビザ申請に対し特急審査サービス(Premium Processing Service)の適用を一時中断すると発表しました。中断対象となるH-1Bビザ申請は、2018年度のH-1Bビザ発給枠対象のH-1Bビザ申請と発給桑対象外の申請、雇用主変更申請、延長申請、変更申請など全てのH-1Bビザ申請です。中断期間は、6ヶ月間と予想されています。

 

中断することにより、移民局は審査が遅れている受理済みのH-1Bビザ申請の審査を進め、遅延の解消を試みるようです。

 

緊急を伴う場合は、移民局が定める条件を満たせば、雇用主から審査を早めるよう要請することはできますが、そのような要請を受理するかは移民局の判断であり、認められることは稀です。移民局が定める緊急条件とは、人道的な理由や、企業または外国人社員に多大な金銭的ロスが発生する場合など、ごく限られたケースです。

 

L-1ビザ申請など、元来特急審査サービスの対象となっている他の就労ビザ申請は、引き続き特急審査サービスを受けることはできます。

最新記事

2017/10/19
TOP Houston 開設
2017/10/19
経営Naviより メキシコ情報
2017/10/02
Ernst and Young、TOP 共催で人事・会計・税務セミナー @OH シンシナティ(11月1日)、コロンブス(11月2日)
2017/09/29
UC San Diego就職相談会
2017/09/29
TOP Business Seminar @ WA

バックナンバー